イングリッシュアドベンチャー 教材

イングリッシュアドベンチャーで、楽しく効果的なシャドーイング訓練

シャドーイングは、例えば、英語圏の母国語を話すネイティブの人が話す英語を、後追いしてそのままを音読する学習法です。
方法としては、まず、シャドーイング用のCDなどの教材を用意します。教材の音声を追いかけるように音読を数回繰り返し練習するのが基本です。

 

イングリッシュアドベンチャーでは、シャドーイング訓練を効果的に行うために質の良い教材を採用しています。
また、イングリッシュアドベンチャーのシャドーイングでは、幼児には0歳からはじめられる「歌って覚える教材」を採用しています。
その理由には、英語嫌いを回避し効果的な学習を狙うことにあります。

 

現在日本の教育現場では小学校4年から英語を授業に取り入れています。
しかし、今後は小学校4年から英語を学ぶのは遅いということから、低学年から英語を取り入れる方向で考えられています。

 

低学年から英語を取り入れることの弊害として挙げられているのが、英語嫌いということです。
教育現場でもいかに楽しく英語を身につけるかが命題となっていきます。
そういう意味で、イングリッシュアドベンチャーは時代の先を行っているということになるでしょう。