イングリッシュアドベンチャー 英会話 子供

言語習得の臨界期は12〜13歳

臨界期は、敏感期ともいいます。
人間や動物の行動の過程で、潜在している機能が特定的な刺激の提示に敏感に反応する限られた発生期間のことを指します。
アメリカの神経生理学者レネバーグは、言語獲得の臨界期は12〜13歳までに限られると提唱しています。
モンテッソリは、幼児期までが人格教育や認知的学習の敏感期だと言っています。

 

そのようなことから、イングリッシュアドベンチャーの幼児向け「歌って覚える英語のおけいこ」は、親子の遊びを通して学習できる様にプログラムされています。

 

これからは、英会話ができることが当たり前の時代になって行きます。
逆に考えると、英語が話せないこと、そのものがマイナス要因になっていくということです。

 

イングリッシュアドベンチャーでは、日本の将来を見据えてプログラムを作成しています。
また、イングリッシュアドベンチャーの願いは、英語嫌いな子どもを作らないということです。
早期教育の弊害はここにあります。
ですから「楽しみながら学ぶ」「英語が身につく」ことが重要なのです